脱・更年期障害【向精神薬カウンセリング治療で症状を抑える】

中高年に起きる病気とは

カウンセリング

更年期障害は、女性にも男性にも起こりますが、共にホルモンの減少が原因で発症します。男性の更年期障害は、男性ホルモンが年齢とともに減少することが原因で起こります。女性のように、期間がはっきりしていないので認知度が低く、症状があらわれてもこの病気だと気づかない人も多いのです。女性の更年期障害は、女性ホルモンが減少してホルモンバランスが崩れることで発症します。女性の方が男性より発症する確率が高く、多くの人がその症状に悩んでいます。始まる期間は閉経前後の時期で40代から発症する人が多いのです。その期間は閉経後の50代を過ぎる頃まで続きます。男性も女性も同じく、ほてりやのぼせ、頭痛、多汗症などの症状が出ます。

更年期障害は、精神にも影響を及ぼしうつのような症状が出る人もいます。絶えずイライラしたり、無気力になったり不安感にとらわれたりします。また、その屈折した感情を周りの人にぶつけてしまいトラブルになったりします。このような場合は、向精神薬などで治療していき多くの人が回復しています。女性の場合は、女性ホルモンの減少が骨に影響して骨粗しょう症になる人が多いことです。骨を生成している成分が減少することで発症し骨がもろくなってしまいます。これは、関節痛などを引き起こし歩行なども困難にしてしまいます。高齢になるほど症状がひどくなるので、日頃からカルシウムやビタミンなどを十分に摂ることが大切です。それに適度な運動も血行をよくする効果があります。