脱・更年期障害【向精神薬カウンセリング治療で症状を抑える】

中高年の男性に起きる症状

男性医師

更年期障害は、男性にもあり男性ホルモンが減少することが原因で起こります。男性は更年期障害に対する認識が低く、症状が出てもこの病気だと気づかない人もいます。男性ホルモンを注射したりして治療できますが、日頃の生活習慣を見直しストレスをためないようにするのも大切です。

More…

中高年に起きる症状とは

医者と患者

女性は、中高年になると更年期障害に悩まされる人が増えてきます。これは閉経が起こる50代の前後の期間にあらわれる症状です。この時期を更年期と呼び、早い人では40代に入る前から更年期障害の症状が出る人もいます。その原因はホルモンバランスの乱れで、女性ホルモンが年齢により減少してくることで起こります。これは、50代になると20代に比べて一気に半減してしまいます。その時に体調が悪くなり病気にかかりやすくなる人も多いのです。更年期障害の主な症状は、ほてりや肩こり、のぼせ、大量の汗などがあげられます。これは、女性ホルモンの減少が自律神経中枢に影響して自律神経失調症になったためで、クリニックでの治療で改善することができます。

また、更年期障害の特徴は、精神的に不安になりやすくうつ症状になる人がいることです。若い頃には感じなかった体調の変化や、周りの環境などに敏感になりすぎてしまうのです。これは、本人の性格によるところも多く憂鬱な状態の日々が続きます。そのままにしておくと本当のうつ病になることもあるので早めの診察が必要です。更年期障害の主な症状は、自律神経失調症と精神的症状がありどちらも治療で改善ができます。自律神経失調症は、女性ホルモンを補充することでのぼせやほてりなどの症状を抑えることができます。また、生活習慣を見直すことも大事で睡眠を十分にとり規則正しい生活をすることが必要です。精神的症状は、向精神薬を使いカウンセリングを行うことで治療していきます。

中高年に起きる病気とは

カウンセリング

更年期障害は男性にも女性にもあり、ともにホルモンの減少が原因で起こります。男性より女性が発症することが多く、ほてりやのぼせなどの症状が出ます。うつのような症状になる人もいて向精神薬で治療します。女性は、骨が弱くなり骨粗しょう症になる人もいるので日頃からの注意が大切です。

More…

治療すれば解決できる

頭を抱える女性

女性特有の辛い症状と言われる更年期障害の解決を目指し、医療機関を受診することが最も早い解決に繋がります。 医師や専門家の意見を聞き、適切な処置を受けていきますと更年期障害の症状が次第に和らいでいくと期待できます。

More…